右近のたちばなし

漫画とか映画とかについて適当に話します。

藍本松短編集『青』下巻ネタバレ感想【漫画感想】

藍本先生の短編集、下巻読みました。冒頭で、「上巻は学生が出てくるやつ、下巻はそれ以外」ってコメントがありましたが、確かに上巻は学生ばっかり出てきてたの気づきませんでした笑

ネタバレ含む感想書きます。

 

 


 

「ウルトラマリン」の感想

まず、表紙見て「あっいぬがみさんいるじゃん!?」ってなりましたね…。

作者コメントで、「怪物事変に流用」という記載されていたので、単純に似ているデザインではなく、コンセプトやデザインが同じなんですね。なるほどなあ。

ウルトラマリンのストーリーは、下巻の短編の中で一番好きでした。

連載にならなかった理由が「いい悪いじゃなくてコレじゃない」というのは、何となく納得できるような気がします。

魚月くん、まっすぐで分かりやすい性格で、可愛かったです。もし連載化するのだとしたら、同い年くらいの他のキャラクターが出てきたのかな?と思ったり。

ウシオは怪物事変のいぬがみさんよりも、ワイルドな感じでやっぱり少し違うキャラなんだなあと思いました。

「花咲か姫」の感想

藍本先生のデビュー作あって、絵柄が今とずいぶん違うなあ、というのが第一印象でした。

幼馴染のなつめちゃん、事件の途中は貞子もビックリなホラーフェイスでしたけど、事件が終わったあとなんだか綺麗になって凄いなって思いました。

序盤に登場したときの顔つきとほとんど変わってないはずなんですけどね…。

「〇〇〇してください!」の感想

めちゃくちゃ笑いました。「オラ、拾えよクズ」に愛が籠っているというか。

ラストのコメントで知りましたが、少女漫画だったんですね。確かに恋愛のみにフォーカスあててあるので、少女漫画だったのかも...。

藍本先生の絵柄、どっちかっていうと少年漫画ぽい感じがするので、少女漫画と言われてあまりピンときませんでした。ジャンプで連載している漫画をずっと読んでいるから、そう思うのかもしれませんが。

翠ちゃんが、主人公が来てくれた時に、泣きそうな顔してるのが本当に可愛いなあと思います。可愛い。

現実的には、スロット狂いのヒモなんていいとこなしだし、結婚と恋愛は違うとも思いますけど、ハッピーエンドで良かった。金銭面の問題はあるとは思いますが、結婚してもずっと翠ちゃんのことを好きで、子供できても家事や育児めっちゃ頑張りそうで、主人公可愛いので良かったです。(?)

あと、友人の賢示さん、はちゃめちゃいい男でしたね…。優しいし、優しい...。

お金貸しても絶対返ってくるあてないのに、背中押してあげるの優しいですよね…。

「悪魔の顔」の感想

人間の闇しかないお話で物凄くびっくりしました。短編集の収録作品と、怪物事変しか藍本先生の漫画は知らないのですが、いずれも明るいお話が多かったので。

怪物事変とかも、人間の汚さとかはあるんですけど、主人公たちが希望に向かっているというか、闇の部分だけに焦点があてられたお話ではないので、あんまり暗さが強調されてないと思います。

それに対して、「悪魔の顔」は、希望がなくて闇一辺倒だなって。

闇一辺倒の割に、殺人犯したキャラクターの顔がヤギなので、ちょっと笑ってしまったんですが、そこはしょうがない気がします。

ところで、主人公の平太、暴行罪には問われなかったんですかね…。3人の男を殴って、鏡見た時にヤギの顔になってましたが。

あれは、殺人未遂でヤギになりかけの顔なのか、それとも幼い頃にお茶を差し入れして父親を殺した時点ですでに自分もヤギになっていたのかが気になる所です。

あと、ラストに婦警さんに一目ぼれしてましたね。続編があるとしたら、彼女も何かしら性格に問題のある女性ということになりそうですけど、どうなんでしょう笑

もし続編があるとしたら、婦警さんはマトモで、ヤギの顔が見えることを手掛かりに事件解決していく話になるんですかね。それじゃ話が変わっちゃうか。

短編集全体の感想

連載期間が長い作家さんの短編集ってやっぱり面白いなと思います。今の作風からは想像できないようなストーリーとか、連載してるのを読みたかったなあと思うお話もたくさんあったりします。

あと、絵柄の変遷が見れたりして、それも楽しいですね。

藍本先生は子供が得意、というようなあとがきもありましたが、短編集全体を見ると確かにそうなんだろうなと思います。

短編集って、その先生の要素がぎっしり詰まってて、美味しいとこどりみたいな感じで良いですね。

短編集青、面白かったです!